土地には4種の価格があるって知っていましたか?

土地の価格は1物4価といって、一つの土地に4種の価格があります。

@時価(実勢価格)・・・実際に売買される価格です。売主と買主が同意する価格で条件や状況で左右されます。俗に言う「隣地は倍出しても買え」と言われているように、価値観で価格が決まります。

A公示価格・・・「土地鑑定委員会」が毎年一回「総理府令」で定める都市計画区域内の「標準地」について、単位面積当りの正常な価格を判定して公示するものです。

B路線価・・・「相続税額」を算出する基となる「課税価格」を評価する際に、基となる価格で公示価格の80%が目安となります。

C固定資産税評価額・・・土地と建物に対する「固定資産税」と「都市計画税」を算出する基となる価格で、公示価格の70%が目安となっています。

最近では、路線価を基に算出した価格をその土地の価格として取り扱うことが多いようです。