ヒーローマンション施工シート17

完成
施工17-51

○これで完成です。
 総タイル貼りの、飽きの来ない外観が建物をより一層引き立ててくれます。


外構工事
施工17-50

○足場を外し終わったら、廻りの外構工事をします。
 舗装・ライン引き、植栽などをして最後の総仕上げです。


タイル工事
 外装タイル施工完了
施工17-49

○外装タイルが貼り終わったところです。
 この後、きれいに洗ってから足場を解体していきます。

ヒーローマンション施工シート16

 拝礼
施工16-48

○最後に拝礼(はいれい)・撤饌(てっせん)・昇神(しょうじん)・直会(なおらい)を行います。


 槌打の儀
施工16-47

○槌打の儀を行っています。
 この槌打ちの儀は上棟式特有の儀礼です。
 修祓(しゅばつ)・降神(こうしん)献饌(けんせん)・祝詞奏上(のりとそうじょう)の後、曳綱の儀、槌打の儀、散餅銭の儀を行います。


上棟式
 祝詞奏上
施工16-46

○上棟式は地鎮祭と同じく神道の祭祀です。
 建物の新築の際に行われます。
 地域によっては建前(たてまえ)と呼ばれ、式の方法も地域によって異なることもあります。

ヒーローマンション施工シート15

タイル工事
 外装タイル施工状況
施工15-45

○コンクリートが乾いたら外側の型枠を外してタイルを貼ります。
 このタイルによって、更に雨に強く老朽化しにくく、汚れにくい外壁となります。


断熱工事
 サッシ廻りウレタン吹き付け
施工15-43

○窓の廻りにウレタンを吹き付けています。
 サッシと躯体のわずかな隙間もウレタンで塞ぎます。二重サッシでここまですれば、隙間風の心配はありません。


防水工事(屋上)
 施工状況
施工14-42

○屋上の防水工事をしている所です。ここでしっかりと防水することで、雨や雪に強い丈夫な建物になります。

ヒーローマンション施工シート14

 壁ボード貼り状況
施工14-41

○内壁の型枠兼用のスタッドボードに下地ボードを貼っていきます。
 この下地ボードは天井 9.5o、壁12.5oの石膏ボードを使用しています。


内装工事
 壁下地LGS
施工14-40

○部屋の間仕切りを作っています。
 間仕切りは各部屋の耐力壁が必要でない為、自由に間取りを変えることが出来ます。(水廻りを除いて)


内装工事
 天井ワッフル下地ボード貼り状況
施工14-39

○ここから内装に入ります。

 ※コンクリートが固まり次第内装に入れます。

 電気の配線後に下地ボードを取付けます。

ヒーローマンション施工シート13

コンクリート工事
 3F躯体コンクリート打設状況
施工13-39

○建物最後のコンクリートの打設をしているところです。


鉄筋工事
 RFスラブ配筋状況
施工13-38

○屋上部分の鉄筋を組んでいる所です。


鉄筋工事
 ユニット仕切り壁 SINP枠施工
施工13-37

○水廻りユニットを設置しているところです。
 ヒーローマンションは快適性・環境配慮・経済性を追及した結果、スタッドボードの使用と、水廻りをユニット化し一括生産することで、高品質と工期短縮を実現しました。

ヒーローマンション施工シート12

ユニット工事
 ユニットバス吊り込み状況
施工12-36

○栃木の工場で組み立てた、水廻りユニットが到着したところです。


鉄筋工事
 3F壁配筋 開口補強筋
施工12-35

○窓の回りをしっかりと補強します。


鉄筋工事
 3F躯体配筋
施工12-34

○一階や二階と同じ様に三階部分の鉄筋を組んで行きます。
 三階にもなると、外の景色も違って見えます。

ヒーローマンション施工シート11

コンクリート工事
 2F躯体コンクリート打設状況
施工11-33

○コンクリートを流し込んでいます。


鉄筋工事
 2Fスラブ配筋
施工11-32

○二階の天井部分を一階と同じように鉄筋を組んで行きます。


鉄筋工事
 2F躯体配筋
施工11-31

○一階部分のコンクリートが固まったら、2階部分の配筋に取り掛かります。
 このように、基礎→一階→二階……という様に建てていきます。

ヒーローマンション施工シート10

 同上(2F床部分)
施工10-30

○一階の天井、二階の床部分から見たコンクリートの打設の様子です。
 外壁になる部分にバイブレーターを使って奥まで流し込んでいます。


コンクリート工事
 1F躯体コンクリート打設状況
施工10-29

○一階部分にコンクリートを打設しています。


 スラブ配筋(全景)
施工10-28

○スラブ配筋の様子の全体を写しています。
 大空間が可能になったことで今まで必要だった耐力壁を収納スペースとして使用できるようになりました。

ヒーローマンション施工シート09

 スラブ配筋
施工シート27
○ワッフルスラブパネルの溝と上部に鉄筋を組んでいきます。
 この溝が最大の特徴で、お菓子のベルギーワッフルに似ていることからこの名前が付きました。
 この溝で小梁を格子状に作ることで最大10m×10mの大空間が実現可能となりました。


鉄筋・型枠工事
 ワッフルスラブ施工状況
施工シート26
○天井部分にはワッフルスラブパネルを敷き込みます。
 このワッフルスラブパネルもEPS建材で、優れた断熱性能を持っています。
 床・天井・壁すべてをEPSで包み込んでいるので、まるで魔法瓶のような断熱性能を持たせることが出来ます。

型枠工事
 内部スタッドボード施工状況
施工シート25
○内側にコンパネの替わりにスタッドボードを施工します。
 このEPS建材は、南極基地で使用されていたものと同じ建材で、優れた断熱性を持つ断熱材+内側の型枠材として使用します。
 外側は通常通り、コンパネで型枠を組んでいきます。

ヒーローマンション施工シート08

鉄筋工事
 1F躯体配筋
施工シート24
○一階部分の壁になる部分の鉄筋を組んでいます。

 鉄筋の間隔や太さに間違いがないよう確認するために、写真を残しているので安心です。


左官工事
 土間押さえ状況
施工シート23
○コンクリートを均して水平にします。


コンクリート工事
 土間コンクリート打設状況
施工シート22
○土間にコンクリートを流し込みます。

 目では見れなくなるところだからこそ、丁寧に施工します。

ヒーローマンション施工シート07

土工事

 土間配筋
施工シート21
○スタイロフォームの上に鉄筋を組みます。


 スタイロフォーム施工状況
施工シート20
○土間にスタイロフォームを敷き込みます。
 防湿シートの上に更にスタイロフォ―ムを敷く事で、断熱性を持たせることが出来ます。


 土間シート
施工シート19
○土間全体に防湿シートを敷き込みます。
 防湿シートを敷き込む事で、地面からの湿気を防ぎます。

ヒーローマンション施工シート06

 砕石転圧状況
施工シート18
○土間に砕石を敷き、叩いて固めて水平にします。捨てコンを打つ前準備です。


 基礎コンクリート(全景)
施工シート17
○基礎出来形です。                  


 脱型状況
施工シート16
○コンクリートを流し込み、固まったら型枠を外します。        
 その後に廻りを埋め戻します。   

ヒーローマンション施工シート05

コンクリート工事
 打設状況
施工シート15
○基礎型枠の中にコンクリートを流し込んでいる所です。        
 コンクリートを流し込むときは、型枠の隅々まで行き届くように、バイブレーターを使って振動を与えながら施工します。

型枠工事
 型枠施工状況
施工シート14
○基礎配筋を囲むように型枠を施工しています。


鉄筋配筋
 基礎配筋状況
施工シート13
○基礎配筋です。
 上筋・下筋・肋金・腹筋があります。この配筋の引っ張りに強く圧縮に弱い特性と、コンクリートの引っ張りに弱く圧縮に強い特性のいい所を併せて作られるのが鉄筋コンクリートで、基礎もこの方法で作られます。

ヒーローマンション施工シート04

 捨てコン打設状況
施工シート12
○捨てコンを打設します。      
 捨てコンは主として墨出だしと配筋をする際、均等にし易くする為に施工します。これにより、より正確に鉄筋が組めきれいな基礎が出来上がります。


 砕石転圧状況

○砕石を敷き、叩いて固めて水平にします。捨てコンを打つ前準備です。
 強度を必要とする基礎コンクリートを土に直接触れさせないという補助的な理由もあります。




土工事
 根切状況
施工シート10
○基礎を作るために重機を使って地面を掘り起こします。        
 地盤と建物の基礎を繋ぎ合せる大切な工事です。

ヒーローマンション施工シート03

 杭建込み
施工シート08
○杭を予定の場所に立ち上げ打ち込みます。
 (低公害工法で行います。)


杭打ち工事
 オーガーセット
施工シート07
○建物の基礎の下にあたる地中を強固にする為に地盤改良工事等を行います。また、直接岩盤に打つ方法や、地耐力を計算の上摩擦杭で施工する方法などがあります。
 建物の法的耐用年数が47年のRCにとって、大切な工事です。

ヒーローマンション施工シート02

 鍬入れ
施工シート06
○鍬入れをする山です。
 刈初めの後に鍬入れを行います。


 祝詞
施工シート05
○祝詞                  
 流れは修祓(しゅばつ)・降神(こうしん)・献饌(けんせん)・祝詞奏上(のりとそうじょう)・清祓(きよめはらい)・地鎮(じちん)・玉串奉奠(たまぐしほうてん)・撤饌(てっせん)・昇神(しょうしん)となっています。


地鎮祭
 祭壇
施工シート04
○地鎮祭の祭壇の飾りです。
 地鎮祭は、工事を始める前に行う、その土地の神様を鎮め、土地を利用させてもらう事の許しを得る神道の祭儀です。仏式で行う場合もございます。
 一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されていて、安全祈願祭とも呼ばれています。

ヒーローマンション施工シート01

 解体後
施工シート03
○解体終了後、きれいに整地します。
 ※地質調査(地盤調査)もこの時期に行います。


 解体中
施工シート02
○既存の建物があるときは建物を解体します。
 近隣の方に迷惑にならないよう注意しながら行います。
 リサイクル法を遵守し、ごみの分別とリサイクルを徹底しています。


現場写真
 施工前
施工シート01
○建設内容を明記したたて看板を立て近隣住民の方々に、どのような建物を建てるのかをお知らせします。
 この告知期間内に周囲からの反対があったときは住民説明会等を開き、理解を求め、問題を解決します。